Delete

概要

このAPIコネクタ関数カードはDelete要求を実行し、その要求の結果と応答ヘッダーを返します。入力には、必要なURL入力と、オプションのヘッダー、本文、クエリー入力を指定します。

入力フィールド

  • URL (テキスト):Deleteリクエストに必要なURL

  • headers (セクション):指定されたURLへのDeleteリクエストに必要なら、キーと同じ名前の入力(例:「Content-Type」)を指定し、入力の値(例:「application/json」)を指定してヘッダーを作成します。 Deleteリクエストのヘッダーに必要な情報は、URLのプロバイダーにより指定されます。

  • query (セクション):指定されたURLへのDeleteリクエストに必要なら、キーと同じ名前の入力(例:「page」)を指定し、入力の値(例:「1」)を指定してクエリー文字列パラメーターを作成します。 Deleteリクエストで利用可能なクエリー文字列パラメーターは、URLのプロバイダーにより指定されます。

  • body (セクション):指定されたURLへのDeleteリクエストに必要なら、キーと同じ名前の入力(例:「id」)を指定し、入力の値(例:「123」)を指定してヘッダーを作成します。 Deleteリクエストの本文に必要な情報は、URLのプロバイダーにより指定されます。

:Deleteリクエストの本文を渡すときに、既知の問題点があります。HTTP Raw Requestのbody入力フィールドを使用してください。

出力フィールド

  • statusCode数値):DELETEリクエストに関連付けられているステータス(200、404など)。

  • body (セクション)Get Multipleの出力と類似の構文を使用しますが、応答本文の値を取得できるオプションのパスを指定します。

  • headers (セクション):応答ヘッダーから値を取得できる、オプションのキーを指定します。

関連項目

Workflowsの関数

Okta Workflowsの要素について