Filter Custom

Filter Custom関数は、指定されたリストから、テストに合格したアイテムのみを含む新しいリストを作成します。 テストは、アイテムごとに1回ヘルパーフローを呼び出して行われます。フローは、そのアイテムを出力リストに含めるべきかどうかをtrueまたはfalseで返します。 簡単な比較テストを使用してフィルタリングを行うには、Filter関数を代わりに使用してください。

この関数を使用するには、各アイテムのテストに使用するヘルパーフローを最初に構築します。 このヘルパーフローは、リストのアイテムごとに1回起動されます。テストに渡される入力となるフィールドを、イベントカードに定義します。 通常、リストのアイテムのフィールドを含めます。 フローがテストを行うため必要となる、他の入力を含めることもできます。 その後で、ヘルパーフローの他の部分を構築し、最後にReturnカードを置いて、true/false型の単一の値を返すようにします。Trueはそのアイテムを最終的なリストに含めることを、Falseは含めないことを意味します。Returnカードでのtrue/falseフィールドの名前は関係しません。フローを保存してオンにします。

次に、Filter Customカードに戻って、今構築したフローを選択します。入力が自動的に設定されるので、その入力にデータをマップできます。入力がリストの各アイテムを受け付けるようマップするには、そのフィールドをクリックすると アイテムを含むドロップダウンが表示されるので、そこから選択します。 または、リストがオブジェクトのリストである場合、オブジェクトのスキーマ、つまり含まれているキーも表示されるので、そのキーを入力として受け付けるヘルパーフローも構築できます。 また、フローの以前のカードから出力をドラッグすることもできます。この場合、このリストの各アイテムについて同じ値が使用されます。

入力フィールド

  • list:テストするすべてのアイテムが含まれている入力リスト

  • flow:リストの各アイテムについて、ヘルパーフローが1回ずつ呼び出されます。

  • with the following values (動的に生成):ヘルパーフローにより定義される入力で、[Choose Flow(フローの選択)]ダイアログを使用してヘルパーフローを選択すると設定されます。

  • concurrency:リストのアイテムを並列に処理する数。 実行が順に行われることが重要な場合は、1を入力します。そうでない場合は、5や10など大きな数値を入力すると、フローが速く完了します。

出力フィールド

  • list:提供されたヘルパーフローにより判定されるテストに合格したアイテムのみを含む出力リスト。

関連項目

親フローについて

リストについて

Workflowsの関数

Okta Workflowsの要素について