Remove Duplicates(重複の削除)

リストから重複アイテムを削除します。

入力フィールド

  • List(リスト):重複アイテムを削除すべきリスト。

  • [Path (Objects only) List(パス(オブジェクトのみ)リスト)]はオブジェクトのリストで、 [Path(パス)]は対象が重複しているかどうかを判断するキーの名前です。たとえば、一意のメールアドレスごとに顧客レコードを1つだけにしたい場合などがあります。このフィールドは必須です。

出力フィールド

  • List No Duplicates(重複のないリスト):重複のないリスト。

単一の値やキーよりも複雑な基準を使用して重複を排除するには、Unique Custom 関数を使用します。この関数では、ヘルパーフローを使用して、各アイテムが固有かどうかを判定するための値を決定できます。

[[List(リスト)]が「[9,80,1,9,20,1]」の場合、[List No Duplicates(重複のないリスト)]は「[1,9,20,80]」になります。各数値の1つのインスタンスだけが返されます。

関連項目

リストについて

Workflowsの関数

Okta Workflowsの要素について