Get Multiple

オブジェクトから複数の値を同時に取得します。Getと似ていますが、Get Multipleカードではオブジェクトの値へのキーやパスを複数指定し、複数の値にアクセスできます。

入力フィールド

  • object (必須):値を取得する元のオブジェクト、またはオブジェクトのリスト

出力フィールド

指定したオブジェクトから取得する値のそれぞれについて、出力フィールドを追加します。各フィールドには、値を取得する単一のキー名またはパスの名前を付けます。これらは、オブジェクトで使用されているキー名と一致している必要があります。 さらに、各出力フィールドの型は、戻り値の型と一致するよう設定する必要があります。

入力のobject

{"product":"a123", "parts":[{"partno":12}, {"partno":16}, {"partno":27}], "inventory":{"instock":12, "ordered":10}}

なら、次の出力フィールド名が有効で、返される型および値とともにGet Multipleカードに追加できます。

出力フィールド

タイプ

Productテキストa123
parts.1.partno数値16
inventoryオブジェクト{"instock":12, "ordered":10}
inventory.ordered数値10

関連項目

Workflowsの関数

Okta Workflowsの要素について