Split

オブジェクトを、それぞれがkeyとvalueのプロパティを持つオブジェクトのリストに分割します。これはCollapse関数カードとは逆の働きをします。

入力フィールド

  • object (オブジェクトのリスト):オブジェクトのリストに分割されるkey/valueペアのJSONオブジェクト

注

分割結合したい、2つ目以降のオブジェクトのJSONリストを追加するには、空の入力フィールドをクリックします。

出力フィールド

  • list:生成されるオブジェクトのリスト

以下の入力を検討してみましょう。

{"foo":"bar","baz":"taz"}

Split関数カードはオブジェクトを取り、それを2つのオブジェクトに分割します。

[

{"key": "foo", "value": "bar"},

{"key": "baz", "value": "taz"},

}

関連項目

Workflowsの関数

Okta Workflowsの要素について