行の検索

テーブルで、指定された条件の組と一致する行を探します。

オプション

フィールド定義タイプ必須
テーブルID([provide table at runtime(実行時にテーブルを提示)]オプションを選択した場合) テーブルのID。テーブルIDを取得する方法については、「実行時のテーブルIDの提示」を参照してください。

テーブルを選択するには以下を実行します。

  1. [Choose Table(テーブルの選択)]をクリックしてダイアログボックスでテーブルを選択するか、[New Table(新規テーブル)]をクリックして新しいテーブルを作成し、[Choose(選択)]をクリックします。

  2. カードで[Save(保存)]をクリックします。

文字列TRUE
Result Set (結果セット) 検索結果をフィルタリングします:
  • [First matching row(最初の一致行)]:検索条件に一致する最初の行を返します。特定の行を検索する場合にこのオプションを使用します。

  • [All matching rows(すべての一致行)]:すべての一致行をリストとして返します。検索条件に一致する最大量のデータを検索する際にこのオプションを使用します。

結果セットは完全一致の文字列か部分一致の文字列に基づきます。たとえば、検索値に「joe」を使用した場合、いずれかの列に値「joe」を含むすべての行が検索結果に含まれます。

ドロップダウンTRUE
各種 検索結果で返されるフィールド(列名)を選択するには以下を実行します。
  1. 一覧されている利用可能な入力フィールドの横にあるチェックボックスをクリックします。

  2. [Save (保存)]をクリックします。

入力

フィールド定義タイプ必須
Filter(フィルター)
Where 式 [Filter(フィルター)]をクリックして検索条件を作成します。ダイアログボックスで、検索するテーブル列を選択します。オプションとして、フローの前の部分で得られた値、たとえば顧客IDに基づいて検索を行う場合は、前のステップからの出力をValue入力にドラッグアンドドロップします。複数のテスト、たとえばCustomer Type = Trial and Date > 1/1/18に基づいて検索を行うには、[+ Add condition (+ 条件の追加)] をクリックします。 ダイアログボックスTRUE
Sort (並べ替え)
結果を並べ替える特定の列。ドロップダウンFALSE
Direction(方向)検索の方向。[[Ascending(昇順)](AからZ、0から9)または[Descending(降順)](ZからA、9から0)を選択します。ドロップダウンFALSE
制限 返すレコードの最大数。フィルターか制限がテーブル検索に適用されていない場合、選択したテーブルから最大で3,500行が行の検索関数カードによって読み取られます。 数値FALSE
Offset(オフセット)検索を開始するレコード番号 (最初のレコードは0)。数値FALSE
テーブルID([provide table at runtime(実行時にテーブルを提示)]オプションを選択した場合) 行を読み取るテーブルを選択します。 文字列TRUE

出力

単一の結果を返す場合、次の出力が返されます。

フィールド定義タイプ
Row (行)
Created (作成日時)行が作成された日時日付&時刻
Updated (更新日時)行の最終更新日時。日付&時刻
Fields (フィールド)
選択したテーブルで選択したそれぞれのフィールド (列名) (テーブルが実行時に指定される場合、フィールド名と型を手動で追加できます)。

複数の結果を返す場合、行のリストが返され、各行に上記のすべてが含まれます。一致する行が見つからなかった場合、空のリストが返されます。

関連項目

Workflowsの関数

Okta Workflowsの要素について