Encode Query

クエリーオブジェクトを、URLエンコードされたクエリーオブジェクトにエンコードします。クエリー文字列は、URLで?の後にあるすべての部分です。 スペース、:?/など特定の特殊文字はURL自体の中で特別な意味を持つため、エンコードする必要があります。

注

この関数カードは、Decode Queryの逆の動作を行います。

このカードを使用するには、ConstructSetZip関数カードなどのオブジェクト関数を使用してクエリーオブジェクトを構築します。 これは、前のステップからの動的な入力を使用すると簡単に行えます。 次に、このEncode Query関数カードを使用して、文字列にエンコードします。

たとえば、https://www.example.com/searchcustomers?name=John%20Doe&region=North%20Americaのクエリー文字列はnameから始まる部分です。この文字列は、Encode Queryと次の入力を使用して作成できます。

{

"name": "John Doe",

"region": "North America"

}

このオブジェクトは、クエリー文字列name=John%20Doe&region=North%20Americaにエンコードされます。

入力

フィールド定義タイプ必須
dataクエリーオブジェクト。オブジェクトTRUE

出力

フィールド定義タイプ
outputクエリー文字列。文字列

関連項目

Workflowsの関数

Okta Workflowsの要素について