アプリケーションアクションと関数アクションについて

アプリケーションアクションと関数アクションの2種類のアクションがあります。

アプリケーションアクション

アプリケーションアクションとは、他のアプリケーションまたはWebサービスをコントロールするために、フローに追加するステップのことです。アプリケーションアクションでは、メッセージの送信、新規レコードの追加、既存レコードの更新などを行えます。または、レコードや顧客情報の検索、ファイルのダウンロードなどにより、アプリケーションから情報を取得できます。

[App Actions(アプリケーションアクション)]ボタンをクリックして、Salesforce、Slack、Gmailなど、使用したいアプリケーションを選択したら、そのアプリケーションで利用可能なアクションを選択します。各サードパーティー製アプリケーションには、その能力と機能に基づく一意のアクション群が備わっています。

関数アクション

関数とは、フロー内のデータを操作、変更、または制御できるカードをいいます。通常、関数カードは、アクションカード間に配置されています。

関数カードの区分として、以下が挙げられます(ただし、これには限定されません)。

  • True/False(真または偽):真か偽かの条件に基づき、値を評価します。

  • Flow Control(フロー制御):フローの構造を管理および操作します。

  • Example(例)&:関数を使用する単純なフローは、関数の分岐区分内でカードを使用できます。[Continue if(継続条件)]で、特定の条件に基づきフローを継続するか否かを判定します。

  • List(リスト):アイテムのリストを作成および反復処理します。

  • Number(数値):数学演算を行います。

  • Text(テキスト):テキストを作成、変更、解析します。

Example(例):関数を使用する単純なフローは、関数の分岐区分内でカードを使用できます。[Continue if(継続条件)] で、特定の条件に基づきフローを継続するか否かを判定します。

関数を連結して、カード間で複合的な操作を行い、強力なフローを作成するための有用な枠組みを提示することもできます。

関連項目

フロー内のカードについて

イベントについて