Workflowsのフォルダ、フロー、テーブルについて

[Flows(フロー)]タブでは、Workflowsインスタンスに存在するすべてのフォルダ、フロー、テーブルにアクセスできます。

フロー

[Flows(フロー)]サブタブのリストビューでは、各フローについて次の情報が一覧表示されます。

  • TYPE:フローのタイプ。フローはアプリイベント、API Endpoint、スケジュール、ヘルパーのいずれかです。親フローについてヘルパーフローについてを参照してください。

  • ON/OFF:フローをオンまたはオフにする、常時アクセス可能な機能。フローはオンになるとすぐに実行を開始できます。

  • NAME:ユーザーがフローに指定するラベル。

  • ACTIONS:フローで使用されているコネクタの視覚的な概要。

  • HISTORY:フローの実行成功と実行失敗の視覚的な概要で、そのフローが最後に実行された時間も示されます。緑色のチェックマークは、実行が成功した回数を示します。赤色の"X"は、実行が失敗した回数を示します。

  • AUTHOR:フローを作成したアカウントのユーザー名。

  • DATE CREATEDまたはLAST EDITED:フローが作成された、または最後に更新された日付。

フロー設定の歯車アイコンメニューから、フローの名前と説明の編集、フローの複製、エクスポート、削除を行えます。[+ New Flow(+ 新規フロー)]をクリックして新しいフローを作成し、現在のフォルダに追加する、または検索フィールドに文字列を入力してフローを検索することもできます。

フローの並べ替え

リストビューでは、フローのHISTORYを除く任意の列ヘッダーにより、フォルダ内のフローを昇順または降順に並べ替えできます。

タイルビューではフローがタイルとして一覧表示され、各フローについて同じ情報が示されます。次のいずれかのオプションを使用して、タイルを昇順または降順に並べ替えできます。

  • オン/オフ

  • コネクタ

  • Name (名前)

  • Notifications (通知)

  • Author(作成者)

  • Created(作成日時)

  • Edited(編集済み?)

  • タイプ

テーブル

リストビューを使用する共有フォルダの[Tables(テーブル)]サブタブには、各テーブルについて次の情報が一覧表示されます。

  • NAME:ユーザーがテーブルに指定するラベル。

  • RECORDS:テーブルの行数。

  • AUTHOR:テーブルを作成したアカウントのユーザー名。

  • DATE CREATEDまたはLAST EDITED:テーブルが作成された、または最後に更新された日付。

テーブル設定の歯車アイコンメニューから、テーブルの名前と説明の編集、テーブルの複製、削除を行えます。[+ New Table(+ 新規テーブル)]をクリックして新しいテーブルを作成し、現在のフォルダに追加する、または検索フィールドに文字列を入力してテーブルを検索することもできます。

テーブルの並べ替え

リストビューまたはタイルビューでは、テーブルに含まれている4つの列ヘッダーのうちどれでも使用して、テーブルを昇順または降順に並べ替えできます。

関連項目

親フローについて

ヘルパーフローについて

フローの構築