User MFA Factor Deactivated(ユーザーのMFA要素の非アクティブ化)

Oktaでユーザーが要素を非アクティブ化するとフローをトリガーします。

この操作にはuser.mfa.factor.deactivate Oktaイベントが使用されます。

このイベントカードは、Okta Devicesコネクターに見られる同じカードに代わるものです。カード名と機能に変更はありません。

出力

フィールド 定義 タイプ

Date and Time(日時)

Okta APIでイベントがトリガーされた日時。

テキスト

Message(メッセージ)

イベントに関するメッセージの詳細。

テキスト

Event ID(イベントID)

イベントの一意識別子。

テキスト

Event Type(イベントタイプ)

公開されたイベントのタイプ。

テキスト

Event Time(イベント時刻)

サービスに通知が配信された時点のタイムスタンプ。

テキスト

Version(バージョン)

バージョン管理インジケーター。

テキスト

Admin(管理者)

ユーザーをMFAに登録したOkta管理者。

オブジェクト

ID

ユーザーをMFAに登録したOkta管理者のID。

テキスト

Alternate ID(代替ID)

Okta管理者のメールアドレス。

テキスト

Display Name(表示名)

Okta管理者の表示名。

テキスト

Type(タイプ)

ユーザーをMFAに登録したOkta管理者のタイプ。

テキスト

Okta User(Oktaユーザー)

MFA要素を非アクティブ化したOktaユーザー。

オブジェクト

ID

Oktaユーザーの一意識別子。

テキスト

Alternate ID(代替ID)

Oktaユーザーのメールアドレス。

テキスト

Display Name(表示名)

Oktaユーザーの表示名。

テキスト

Reason(理由) MFA要素のアクティブ化の結果。

テキスト

UUID

Webhookイベントの汎用一意識別子。

テキスト

Event Details(イベント詳細)

この特定のイベントに対してOkta APIから返される未加工のJSONペイロード。

オブジェクト

Headers(ヘッダー)

レスポンスのヘッダーを表すオブジェクト。

ヘッダーの各キーは、キー/値のペアとしてヘッダー文字列に解析されます(例:Content-Type: text/plain)。

オブジェクト

Source(ソース)

ユーザー固有データのソース。

オブジェクト

Debug Context(デバッグコンテキスト)

Debug Data(デバッグデータ)

デバッグに利用できる、トリガーされたイベントに関する情報。

たとえば、返されるデータにはURI、SMSプロバイダー、またはトランザクションIDが含まれる場合があります。

オブジェクト

Oktaイベントに対して追加のユーザーまたはグループフィールドを作成できますが、Okta APIは[ID][Alternate ID(代替ID)][Display Name(表示名)]、および[Type(タイプ)]の4つのフィールドの値のみを返します。

ユーザーまたはグループに対してその他のフィールドはサポートされず、そうしたフィールドのデータはこのイベントカードによって返されません。

このカードを使ってフローをトリガーする

このカードを使ってフローをトリガーするには、要素がすでにアクティブ化されている必要があります。

  1. テストアカウントを使ってAdmin Consoleの右上端にあるアカウントのドロップダウンメニューをクリックし、[My settings(設定)]をクリックします。

  2. [Extra Verification(追加検証)]セクションで非アクティブ化する要素の [Remove(削除)] をクリックします。

  3. [Yes(はい)] をクリックして要素の削除を確認します。

要素を削除すると、User MFA Factor Deactivatedイベントカードを使用する任意のフローがトリガーされます。

関連項目

Okta Devicesコネクター

Okta Devices API

デバイスライフサイクル

フロー内のカード