領域ユーザーを作成する

選択したパラメーターに基づいて特定の領域にユーザーを作成します。

Oktaにおけるユーザーの作成の詳細については、「ユーザーの作成」を参照してください。

オプション

フィールド 定義 タイプ 必須

オプション

ユーザープロファイル作成する際に使用するオプションを選択します。

  • 資格情報なし

  • 復旧質問付き

  • パスワード付き

  • パスワードおよび復旧質問付き

  • 認証プロバイダー付き

  • グループ内

    org内のすべてのユーザーは自動的にOktaの「全員」グループに追加されるため、そのグループに一致するグループIDを指定するとエラーが返されます。

ドロップダウン

TRUE

入力

入力フィールドはオプションによって異なりますが、必須のOktaプロファイル属性である[Username(ユーザー名)][First name(名)][Last Name(姓)]、および[Primary email(プライマリメール)]を常に含みます。

赤いアスタリスクは必須フィールドであることを示します。

フィールド 定義 タイプ 必須

プロファイル

Username(ユーザー名)

Oktaユーザーのユーザー名(メールアドレス形式)。

テキスト

TRUE

First name(名)

ユーザーの名。

テキスト

TRUE

Last name(姓)

ユーザーの姓。

テキスト

TRUE

Primary Email(プライマリメール)

Oktaユーザーのプライマリメールアドレス。

テキスト

TRUE

資格情報

Question(質問)

パスワード復旧質問。これには[Answer(回答)]フィールドの値も含める必要があります。

テキスト

FALSE

Answer(回答)

パスワード復旧質問に対する回答。[Question(質問)]に値を入力する場合は、このフィールドを含める必要があります。

テキスト

FALSE

Password(パスワード)

orgで指定されている最小条件を満たすパスワード。

テキスト

FALSE

Provider Name(プロバイダー名)

認証プロバイダーの名前。

テキスト

FALSE

Provider Type(プロバイダータイプ)

認証プロバイダーのタイプ。以下の値を指定できます。

  • OKTA

  • ACTIVE_DIRECTORY

  • LDAP

  • FEDERATION

  • SOCIAL

  • IMPORT

テキスト

FALSE

Activate(アクティブ化)

Activate(アクティブ化)

ユーザーが作成後にアクティブ化されるかどうかを示します。

True/False

TRUE

Realm(領域)

ID

領域の一意の識別子。

テキスト

TRUE

出力

フィールド 定義 タイプ

結果

User ID(ユーザーID)

ユーザーの一意の識別子。

テキスト

Status(ステータス)

ユーザーの現在のステータス。以下の値を指定できます。

  • STAGED

  • PROVISIONED

  • ACTIVE

  • RECOVERY

  • LOCKED_OUT

  • PASSWORD_EXPIRED

  • SUSPENDED

  • DEPROVISIONED

テキスト

Created(作成日)

ユーザーが作成されたタイムスタンプ。

日時

Activated(アクティブ化)

ACTIVEステータスへの遷移が完了した時点のタイムスタンプ。

日時

Status Changed(ステータス変更日時)

ユーザーのステータスが最後に変更された日。

日時

Last Login(前回のログイン)

ユーザーが最後にサインインしたタイムスタンプ。

日時

Last Updated(最終アップデート日)

ユーザーの最終更新日時のタイムスタンプ。

日時

Password Changed(パスワード変更)

ユーザーのパスワードが最後に変更された時点のタイムスタンプ。

日時

資格情報

オブジェクト

Password(パスワード)

ユーザーが有効なパスワードを持っているか、ハッシュパスワードをインポートした場合はTrue。それ以外の場合は、Falseとなります。

True/False

Recovery Question(復旧質問)

ユーザーがパスワードを忘れた場合に表示される復旧質問。

テキスト

Provider(プロバイダー)

オブジェクト

Name(名前)

認証プロバイダーの名前。

テキスト

Type(タイプ)

認証プロバイダーのタイプ。以下の値を指定できます。

  • ACTIVE_DIRECTORY

  • FEDERATION

  • IMPORT

  • LDAP

  • OKTA

  • SOCIAL

テキスト

Profile Properties(プロファイルプロパティー)

Username(ユーザー名)

ユーザーのサインインユーザー名(通常、メールアドレスの形式)。

テキスト

First name(名)

ユーザーの名。

テキスト

Last name(姓)

ユーザーの姓。

テキスト

Middle name(ミドルネーム)

ユーザーのミドルネーム。

テキスト

Honorific prefix(敬称接頭辞)

ユーザーの敬称接頭辞(例:Dr.Rev.Mr.Ms.)。

テキスト

Honorific suffix(敬称接尾辞)

ユーザーの敬称接尾辞(例:Jr.Sr.MBE)。

テキスト

Primary Email(プライマリメール)

ユーザーのメールアドレス。

テキスト

Title(役職)

ユーザーの役職名。

テキスト

Display name(表示名)

エンドユーザーに表示されるユーザーの名前。

テキスト

Nickname(ニックネーム)

ユーザーが選定するニックネーム(該当する場合)。

テキスト

Profile Url(プロファイルURL)

ユーザーのオンラインプロファイルまたはウェブページのURL。

テキスト

Secondary email(セカンダリメール)

ユーザーのセカンダリメールアドレス。これは通常はアカウント復旧に使用されます。

テキスト

Mobile phone(携帯電話)

ユーザーの携帯電話番号。

テキスト

Primary phone(メインの電話番号)

ユーザーのメインの電話番号(自宅の番号など)。

テキスト

Street address(番地)

ユーザーの住所の完全な番地部分。

テキスト

City(市町村)

ユーザーの住所の市町村または地域。

テキスト

State(州)

ユーザーの住所の州または地域部分。

テキスト

Zip code(郵便番号)

ユーザーの住所のZIPコードまたは郵便番号部分。

テキスト

Country Code(国コード)

国の省略形。

テキスト

Postal Address(郵便物送付先)

ユーザーの住所の郵便物送付先部分。

テキスト

Preferred language(優先言語)

ユーザーの優先する書き言葉または話し言葉の言語。

テキスト

Locale(ロケール)

ユーザーのデフォルトの場所。これは通貨、日時の形式、数値の表示形式などの項目をローカライズするために使用されます。

テキスト

Time zone(タイムゾーン)

ユーザーが位置しているタイムゾーン。

テキスト

User type(ユーザータイプ)

Organizationに対するユーザーの関係(従業員または請負業者など)。

テキスト

Employee number(従業員番号)

Organizationまたは企業から割り当てられている一意の識別子。

テキスト

Cost Center(コストセンター)

ユーザーに割り当てられているコストセンターの名前。

テキスト

Organization(Organization)

ユーザーのOrganizationの名前。

テキスト

Division(事業部)

ユーザーの事業部の名前。

テキスト

Department(部署)

ユーザーの部署の名前。

テキスト

ManagerId(マネージャーID)

ユーザーのマネージャーのID。

テキスト

Manager(マネージャー)

ユーザーのマネージャーの表示名。

テキスト

Custom Profile Properties(カスタムプロファイルプロパティー)

このカードの設定時に生成される追加のカスタムプロパティー。

各種

Realm(領域)

ID

領域の一意の識別子。

テキスト

関連項目

Okta Realmsコネクター

フロー内のカード

Okta Realms API