ワーカーを更新する

Oracle HCMのワーカーのリソースを更新します。

オプション

フィールド 定義 タイプ 必須

Resource Type(リソースタイプ)

更新するワーカー関連リソースを選択します。

  • General(一般)

  • Address(住所)

  • Name(名前)

  • Email(メール)

  • Phone(電話)

  • Communication Accounts(通信アカウント)

  • Work Relationships(仕事関係)

  • [カスタム更新]:更新するリソースが前に選択したものでない場合はこのオプションを選択します。

ドロップダウン

TRUE

Update Empty Inputs?(空の入力を更新するか?)

フィールドへの更新をスキップする代わりに、空の値をリモートシステムに渡すかどうかを示します。

  • [はい]:カードの入力フィールドが空白になっているか、null値が指定されている場合、その空のフィールドが更新に含まれます。これにより、リモートシステム上にあるそのフィールドの既存の値が消去されます。

  • [いいえ]:カードの入力フィールドが空白になっているか、null値が指定されている場合、そのフィールドの値はリモートシステムに送信されません。リモートシステム上の既存の値は変更されません。

ドロップダウン

TRUE

入力

フィールド 定義 タイプ 必須

ワーカー

Worker ID(ワーカーID)

これはワーカーのリソースの複合キーを構成する属性のハッシュキーです。

このワーカー識別子を指定するには、ワーカーの検索カードの[Worker ID(ワーカーID)]出力を使用します。

テキスト

TRUE

Expand All Fields(すべてのフィールドを展開)

カードが[未加工出力]のすべてのフィールドのデータを返す必要があるかどうかを指定します。

すべてのデータを返すと、フロー実行ログのメモリ上限を超える可能性があります。[Raw Output(未加工出力)]が必要ない場合は、Falseに設定します。

True/False

TRUE

General(一般)

Correspondence Language(通信言語)

連絡を取る際の希望言語。

有効な値については、共通ルックアップAPIを参照してください。

テキスト

FALSE

Date of Death(死亡年月日)

個人の死亡年月日。

テキスト

FALSE

Person Number(個人番号)

個人に割り当てらている一意の識別番号。

テキスト

FALSE

Date of Birth(生年月日)

個人の生年月日。

テキスト

FALSE

Town of Birth(出生市区町村)

個人の出生市区町村。

テキスト

FALSE

Region of Birth(出生地域)

個人の出生地域。

テキスト

FALSE

Applicant Number(応募者番号)

外部アプリの応募者番号。

テキスト

FALSE

Blood Type(血液型)

個人の血液型。

有効な値については、共通ルックアップAPIを参照してください。

テキスト

FALSE

Country of Birth(出生国)

個人の出生国。

有効な値については、国の値リストAPIを参照してください。

テキスト

FALSE

Address(住所)

Address Uniq ID(住所の一意ID)

これは住所リソースの複合キーを構成する属性のハッシュキーです。

住所を一意に識別するために使用されます。

この住所識別子を指定するには、ワーカーの検索カードの[Address Uniq ID(住所の一意ID)]出力を使用します。

テキスト

TRUE

Address Line 1(住所行1)

主郵送先住所の1行目。

テキスト

FALSE

Address Line 2(住所行2)

主郵送先住所の2行目。

テキスト

FALSE

Address Line 3(住所行3)

主郵送先住所の3行目。

テキスト

FALSE

Address Line 4(住所行4)

主郵送先住所の4行目。

テキスト

FALSE

Building(建物)

住所に関連する建物情報。

テキスト

FALSE

Floor Number(階数)

建物に関連する階数。

テキスト

FALSE

Primary Mailing(主郵送先)

このフィールドは住所が主郵送先住所かどうかを示します。

True/False

FALSE

Postal Code(郵便番号)

主郵送先住所の郵便番号。

テキスト

FALSE

Latitude(緯度)

赤道と住所の場所の間の距離。この値は赤道の北または南であり、度と分で表示されます。

数値

FALSE

Longitude(経度)

本初子午線と住所の場所の間の距離。この値は本初子午線の東または西であり、度と分で表示されます。

数値

FALSE

Town or City(市区町村)

住所がある市区町村。

テキスト

FALSE

Validation Status Code(検証ステータスコード)

住所プロバイダーによって判定される、住所の正確さのレベル。

テキスト

FALSE

Long Postal Code(長い郵便番号)

主郵送先住所の長い郵便番号。

テキスト

FALSE

Region 1(地域1)

住所がある第1地域。

テキスト

FALSE

Region 2(地域2)

第1地域内の第2地域。

テキスト

FALSE

Region 3(地域3)

第1地域内の追加の第2地域。

テキスト

FALSE

Provider(プロバイダー)

住所を検証した企業。

テキスト

FALSE

Additional Address Attribute(追加の住所属性)

ローカリゼーションで使用される追加の住所列。

これらの属性には5つの個別のフィールドがあります。

テキスト

FALSE

Name(名前)

Name Uniq ID(名前の一意ID)

これは名前リソースの複合キーを構成する属性のハッシュキーです。

ワーカーの名前を一意に識別するために使用されます。

この名前識別子を指定するには、ワーカーの検索カードの[Name Uniq ID(名前の一意ID)]出力を使用します。

テキスト

TRUE

Prefix(敬称)

個人の名の前に付加される尊称または敬称。

テキスト

FALSE

First Name(名)

個人の名。

テキスト

FALSE

Middle Name(ミドルネーム)

個人のミドルネーム。

テキスト

FALSE

Last Name(姓)

個人の姓。

テキスト

FALSE

Military Rank(軍の階級)

個人の軍の階級。

テキスト

FALSE

Previous Last Name(前の姓)

個人の前の姓。

テキスト

FALSE

Local First Name(現地の名)

個人の現地語での名。

テキスト

FALSE

Local Last Name(現地の姓)

個人の現地語での姓。

テキスト

FALSE

Local Middle Names(現地のミドルネーム)

個人の現地語でのミドルネーム。

テキスト

FALSE

Previous Last Name(現地の前の姓)

個人の現地語での前の姓。

テキスト

FALSE

Suffix(称号)

個人の姓に付加される敬称または称号(Jr.IIIなど)。

テキスト

FALSE

Local Suffix(現地の称号)

個人の姓に付加される敬称または称号(Jr.IIIの現地語表記など)。

テキスト

FALSE

Country(国)

法令コード。

有効な値については、国の値リストAPIを参照してください。

テキスト

FALSE

Local Country(現地の国)

現地語の法令コード。

有効な値については、国の値リストAPIを参照してください。

テキスト

FALSE

Local Title(現地の敬称)

個人の敬称(Mr.Ms.の現地語表記など)。

有効な値については、共通ルックアップAPIを参照してください。

テキスト

FALSE

Known As(愛称)

個人の希望する呼び名。

テキスト

FALSE

Local Known As(現地の愛称)

個人の希望する現地語での呼び名。

テキスト

FALSE

Local Prefix(現地の敬称)

個人の名の前に付加される現地語での尊称または敬称。

テキスト

FALSE

Title(敬称)

個人の敬称(Mr.Ms.など)。

有効な値については、共通ルックアップAPIを参照してください。

テキスト

FALSE

Military Rank(現地の軍の階級)

個人の現地語での軍の階級。

テキスト

FALSE

Honors(称号)

個人の名前に付加される高度な資格(Ph.Dなど)。

テキスト

FALSE

Local Honors(現地の称号)

個人の名前に付加される高度な資格(Ph.Dの現地語表記など)。

テキスト

FALSE

Name Information(名前情報)

これらのフィールドは、法令固有の名前要件のためにOracle Developmentで予約されている他の名前属性に対応するものです。

これらの属性には30個の個別のフィールドがあります。

テキスト

FALSE

Local Name Information(現地の名前情報)

これらのフィールドは、法令固有の名前要件のためにOracle Developmentで予約されている他の現地の名前属性に対応するものです。

これらの属性には30個の個別のフィールドがあります。

テキスト

FALSE

Email(メール)

Email Address ID(メールアドレスID)

個人のメールアドレスのサロゲート識別子。

このメール識別子を指定するには、ワーカーの検索カードの[Email Address ID(メールアドレスID)]出力を使用します。

数値

TRUE

Email Address(メールアドレス)

個人のメールアドレス。

テキスト

FALSE

Email Type(メールタイプ)

メールのタイプ(仕事用個人用など)。

有効な値については、共通ルックアップAPIを参照してください。

テキスト

FALSE

Primary(プライマリ)

このフィールドはメールアドレスが個人のプライマリメールかどうかを示します。

True/False

FALSE

From Date(開始日)

メールアドレスの有効期間の開始日。

テキスト

FALSE

To Date(終了日)

メールアドレスの有効期間の終了日。

テキスト

FALSE

Phone(電話)

Phone ID(電話ID)

この一意のキーは個人の電話識別子です。

この電話識別子を指定するには、ワーカーの検索カードの[Phone ID(電話ID)]出力を使用します。

数値

TRUE

Phone Number (電話番号)

[Phone Type(電話タイプ)]に関連付けられている電話番号。

テキスト

FALSE

Phone Type(電話タイプ)

電話番号のタイプ(勤務先自宅など)。

有効な値については、共通ルックアップAPIを参照してください。

テキスト

FALSE

Primary(プライマリ)

このフィールドは、電話番号がワーカーのメインの電話番号かどうかを示します。

True/False

FALSE

Country Code(国コード)

電話番号の国コード。

有効な値については、国の値リストAPIを参照してください。

テキスト

FALSE

Area Code(市外局番)

電話番号の市外局番。

テキスト

FALSE

Extension(内線)

電話の内線番号。

テキスト

FALSE

Country(国)

電話の法令コード。

テキスト

FALSE

From Date(開始日)

電話番号の有効期間の開始日。

テキスト

FALSE

To Date(終了日)

電話番号の有効期間の終了日。

テキスト

FALSE

Communication Accounts(通信アカウント)

Delivery Method ID(配達方法ID)

この一意のキーは個人の配達方法識別子です。

この配達方法を指定するには、ワーカーの検索カードの[Delivery Method ID(配達方法ID)]出力を使用します。

数値

TRUE

Account Name(アカウント名)

アカウントの名前。

テキスト

FALSE

Provider(プロバイダー)

アカウントのプロバイダー(FacebookやXなど)。

有効な値については、共通ルックアップAPIを参照してください。

テキスト

FALSE

From Date(開始日)

アカウントの開始日。

テキスト

FALSE

To Date(終了日)

アカウントの終了日。

テキスト

FALSE

Work Relationships(仕事関係)

Period of Service ID(在職期間ID)

この一意のキーは個人の在職期間識別子です。

この在職期間を指定するには、ワーカーの検索カードの[Period of Service ID(在職期間ID)]出力を使用します。

数値

TRUE

Include for Automatic Conversion(自動変換に含める)

このフィールドは、未決ワーカーが提案されたワーカータイプに変換される準備ができているかどうかを示します。

True/False

FALSE

Projected Termination Date(予定退職日)

在職期間の雇用の予定最終日。

テキスト

FALSE

On Military Service(兵役中)

このフィールドは、個人が兵役中かどうかを示します。

True/False

FALSE

Custom Update(カスタムアップデート)

Relative URL(相対URL)

[Custom Update(カスタムアップデート)]では、サーバー上のワーカーアップデートエンドポイントの相対URLを指定します。

この相対URLは、パスで/{workersUniqID}の後に続くパスです。

たとえば、Oracle APIエンドポイントがhttps://{yourOracleHCMInstance}/hcmRestApi/resources/11.13.18.05

/workers/{workersUniqID}/child/nationalIdentifiers/{NationalIdentifierId}である場合、相対URLは/child/nationalIdentifiers/{NationalIdentifierId}です。

相対URLは先頭に「/」文字が必要です。

テキスト

TRUE

Request Body(リクエスト本文)

アップデートを、JSON形式のリクエスト本文として指定します。

オブジェクト

TRUE

出力

フィールド 定義 タイプ

ワーカー

Raw Output(未加工出力)

Oracle HCM APIによって返される未加工の出力。

オブジェクト

Worker ID(ワーカーID)

これはワーカーのリソースの複合キーを構成する属性のハッシュキーです。

ワーカーのインスタンスを一意に識別するために使用されます。

テキスト

Person Number(個人番号)

個人を一意に識別するために個人に割り当てられる番号。

テキスト

Person ID(個人ID)

個人のサロゲート識別子。

数値

Applicant Number(応募者番号)

外部アプリの応募者番号。

テキスト

Correspondence Language(通信言語)

連絡を取る際の希望言語。

有効な値については、共通ルックアップAPIを参照してください。

テキスト

Name Uniq ID(名前の一意ID)

これは名前リソースの複合キーを構成する属性のハッシュキーです。

ワーカーの名前を一意に識別するために使用されます。

テキスト

First Name(名)

個人の名。

テキスト

Last Name(姓)

個人の姓。

テキスト

Middle Name(ミドルネーム)

個人のミドルネーム。

テキスト

Display Name(表示名)

個人の表示名。

テキスト

Addresses(住所)

オブジェクトのリスト

Address Uniq ID(住所の一意ID)

これは住所リソースの複合キーを構成する属性のハッシュキーです。

住所を一意に識別するために使用されます。

テキスト

Address Line 1(住所行1)

主郵送先住所の1行目。

テキスト

Town or City(市区町村)

住所がある市区町村。

テキスト

Region 1(地域1)

住所がある第1地域。

テキスト

Region 2(地域2)

第1地域内の第2地域。

テキスト

Postal Code(郵便番号)

主郵送先住所の郵便番号。

テキスト

Country(国)

住所がある国。

有効な値については、国の値リストAPIを参照してください。

テキスト

Address Type(住所タイプ)

住所のタイプ。

有効な値については、共通ルックアップAPIを参照してください。

テキスト

Emails(メール)

オブジェクトのリスト

Email Address ID(メールアドレスID)

個人のメールアドレスのサロゲート識別子。

数値

Email Address(メールアドレス)

個人のメールアドレス。

テキスト

Email Type(メールタイプ)

メールのタイプ(仕事用個人用など)。

有効な値については、共通ルックアップAPIを参照してください。

テキスト

Other Communication Accounts(その他の通信アカウント)

オブジェクトのリスト

Delivery Method ID(配達方法ID)

この一意のキーは個人の配達方法識別子です。

数値

Account Name(アカウント名)

アカウントの名前。

テキスト

Provider(プロバイダー)

アカウントのプロバイダー(FacebookやXなど)。

有効な値については、共通ルックアップAPIを参照してください。

テキスト

Phones(電話)

オブジェクトのリスト

Phone ID(電話ID)

この一意のキーは個人の電話識別子です。

数値

Country Code Number(国コード番号)

電話番号の国コード。

有効な値については、国の値リストAPIを参照してください。

テキスト

Area Code(市外局番)

電話番号の市外局番。

テキスト

Phone Number (電話番号)

[Phone Type(電話タイプ)]に関連付けられている電話番号。

テキスト

Extension(内線)

電話の内線番号。

テキスト

Phone Type(電話タイプ)

電話番号のタイプ(勤務先自宅など)。

有効な値については、共通ルックアップAPIを参照してください。

テキスト

Work Relationships(仕事関係)

オブジェクトのリスト

Period of Service ID(在職期間ID)

この一意のキーは個人の在職期間識別子です。

数値

Worker Type(ワーカータイプ)

在職期間のワーカータイプ(従業員(E)臨時ワーカー(C)未決ワーカー(P)非ワーカー(N)など)。

有効な値については、共通ルックアップAPIを参照してください。

テキスト

Worker Number(ワーカー番号)

ワーカーの一意識別子。

テキスト

Assignments(割り当て)

オブジェクトのリスト

Assignment ID(割り当ての一意ID)

これはワーカーの割り当ての複合キーを構成する属性のハッシュキーです。

ワーカーの割り当てを一意に識別するために使用されます。

テキスト

Business Title(役職)

ワーカーの割り当ての役職。

テキスト

Business Unit Name(事業部名)

ワーカーの割り当ての事業部の名前。

有効な値については、事業部の値リストAPIを参照してください。

テキスト

Business Unit ID(事業部ID)

ワーカーの割り当ての事業部の一意識別子。

数値

Department Name(部署名)

ワーカーの割り当ての部署の名前。

有効な値については、部署の値リストAPIを参照してください。

テキスト

Department ID(部署ID)

ワーカーの部署の一意識別子。

数値

関連項目

Oracle HCMコネクター

フロー内のカード

Oracle HCM API