添付ファイルのアップロード

ServiceNowインスタンスに添付ファイルをアップロードします。

入力

フィールド 定義 タイプ 必須
ファイル
File Content(ファイルコンテンツ) 添付ファイルのコンテンツ。 ファイル TRUE
File Name(ファイル名) 添付ファイルに付ける名前。
注意

ファイル名に空白を含めることはできません。

Microsoft Officeファイルの場合、ファイル名の拡張子を指定します。例:.docx

文字列 TRUE
Table Name(テーブル名) ファイルを添付したいテーブルの名前。 文字列 TRUE
Table System ID(テーブルのシステムID) ファイルの添付先として指定したテーブルの、レコードのSys_id値 文字列 TRUE
注意

ファイルの最小サイズは1バイトで、ServiceNowの添付ファイルの最大サイズは1024 MBです。

出力

フィールド 定義 タイプ
添付ファイル
System ID(システムID) 添付ファイルのSys_id値。インシデントのURLには通常、この値が含まれています。たとえばURLがhttps://instance.service-now.com/api/now/attachment/615ea769c0a80166001cf5f2367302f5なら、sys_idの値は615ea769c0a80166001cf5f2367302f5です。 文字列
Size(サイズ) 添付ファイルのサイズ(バイト単位)。 数値
Name(名前) 添付ファイルの名前。 文字列
Content Type(コンテンツタイプ) 添付ファイルのメタデータのコンテンツタイプで、マルチパートのアップロードではメッセージ本文に含まれます。 文字列
Table Name(テーブル名) ファイルを添付したいテーブルの名前。 文字列
Table System ID(テーブルのシステムID) ファイルの添付先として指定したテーブルの、レコードのSys_id値 文字列
State(状態) 添付ファイルをアップロードした先のインシデントの状態。 文字列
Hash(ハッシュ) 添付ファイルの128ビット(16バイト)のハッシュ値で、32桁の16進数値で表されます。 文字列
Created Date Time(作成日時) 添付ファイルがアップロードされた日時。例:2019-05-21 04:12:21 日時
Updated Date Time(更新日時) 添付ファイルが最後に更新された日時。例:2019-06-15 09:05:43 日時

添付ファイルのアップロードカードの代表的なユースケース

添付ファイルのアップロードカードをフローで正しく使用するには、次の手順を実行します。

  1. ServiceNowインスタンスでインシデントを作成します。

  2. ファイルを添付する先のテーブルのシステムIDを特定します。

  3. 添付ファイルのアップロードカードで、ServiceNowインシデントに添付するファイルを、Workflowsファイルシステムから[File Content(ファイルコンテンツ)]フィールドにマップします。

  4. ファイル名(File Name)]フィールドに名前を割り当てます。

  5. テーブル名(Table Name)]フィールドに「Incident」と入力します。

  6. テーブルのシステムID(Table System ID)]フィールドに、ServiceNowテーブルのシステムIDを入力します。

指定されたファイルが、添付ファイルとしてServiceNowインシデントにアップロードされます。

注意

テーブル名]フィールドに存在しない値を入力すると、次の動作が行われます。

  • sys_attachmentテーブルにレコードが作成されます。

  • incidentテーブルに新規インシデントが作成されます。

ServiceNowの設定

ServiceNowインスタンスでは、次の設定により添付ファイルのアップロードカードのパフォーマンスが制限されることがあります。

  • REST Attachment APIリクエストのタイムアウト]:この設定を見つけるには、trasaction quota(トランザクションクォータ)を検索します。タイムアウト値の設定が短すぎる場合、APIがタイムアウトエラーを返すことがあります。

  • 添付ファイルの最大サイズ(MB)]:[attachment limits(添付ファイルの制限)]を検索します。通常、デフォルトの制限は1024 MBです。この設定は変更できますが、Workflowsファイルシステムではファイルサイズを2 GBより大きくすることはできません。「Workflowsのシステム制限」を参照してください。

関連項目

ServiceNowコネクター

Workflows要素

ServiceNowコネクターに関するガイダンス

ServiceNowリファレンス