アドバンストサーバーアクセスのユーザーとグループの属性

新しい環境に展開する場合、チーム内のユーザーに固有の属性の多くは、以下に示す事前定義された特定のパラメータによって生成されます。ただし、既存の環境に展開する場合、管理者は通常、ユーザーの元の固有データが新しい環境のデータと異なる場合に発生する競合に遭遇します。

アドバンストサーバーアクセスの属性は、ユーザーとグループのさまざまな特性を指定できる構成設定です。アドバンストサーバーアクセスを使用して、管理者はユーザーの属性を作成、設定、再利用できるので、チーム内の属性を完全に制御でき、既存の展開よりもはるかにスムーズな展開が可能になります。 UnixとWindowsサーバーのユーザー名、UID、GIDはすべて、アドバンストサーバーアクセスの環境にシームレスに統合できます。

属性は、ユーザーとグループを管理するための2つの重要な利点を提供します。

  1. 属性を使用して、アドバンストサーバーアクセスがユーザーとグループをサーバーに同期する方法をカスタマイズできるので、信頼できる唯一の情報源としてOktaを使用することで、インフラストラクチャIDを体系的に管理することが可能になります。
  2. カスタム属性マッピングを使用すると、Oktaの外部のシステムからOktaアドバンストサーバーアクセスに既存の構成をインポートすることができます。

トピック