ポータルアプリケーションを追加する

Access Gatewayアプリケーションは、ポリシーと特別なポリシー構成を使用してポータルアプリケーションを作成できます。ポータルでは、トラフィックの一部または大部分が単一のバックエンドで処理されますが、他のトラフィックはアクセスポリシーとURIリクエストに基づいて特定のバックエンドにルートされます。

このガイドでは、特定のURIリクエストに基づきトラフィックを異なるバックエンドにルートするようヘッダーベースアプリケーションを構成する方法を説明します。

アーキテクチャ


このアーキテクチャでは、エンドユーザーがコアURLを構成するリソース(この例ではwww.myportal.com)と、特定のリソース(/の右側のすべて)を要求します。Access Gatewayはポリシーと追加の構成を使用してリクエストを複数のバックエンドのうちの1つにルートします。この例では、www.myportal.com/2ndの形式のリクエストは2ndbackend.myportal.comにルートされます。同様に、www.myportal.com/3rdのタイプのリクエストは3rdbackend.myportal.comへ、その他はすべてbackend.myportal.comへルートされます。このガイドでは、ヘッダーアプリケーションと関連リソースの構成を通してこのようなポータルアプリケーションを構成する方法を順を追って説明します。

開始する前に

  • アプリケーションで使用する外部URLを決定します(この例ではwww.myportal.com)。
  • 可能なURIの範囲とそれに関連するバックエンドを決定します。
    この例では:
    www.myportal.com/2nd > 2ndbackend.myportal.com.
    www.myportal.com/3rd > 3rdbackend.myportal.com
    その他すべてはbackend.myportal.comへ。
  • 認証で要求されるすべての必須ヘッダー属性を確認します。

典型的なワークフロー

タスク

説明

含めるグループを作成する
  • ベストプラクティスとして、アプリケーションに割り当てるグループを任意で作成しておきます。
ヘッダーアプリケーションを作成する
  • デフォルトで共有の共通バックエンドとなるヘッダーアプリケーションを作成します。
ポータルアプリケーションに証明書を割り当てる
  • 任意で証明書をアプリケーションに割り当てます。
その他の属性を追加する
  • 任意ですが、多くは必須のその他の属性をアプリケーションに追加します。
必要なアクセスポリシーを追加する
  • すべてのサービスURIに対して必要なポリシーを追加します。
アプリケーションをテストする
  • ヘッダーおよびポリシーシミュレーションを使用してアプリケーションをテストします。

関連項目

(missing or bad snippet)