OktaにMicrosoft Office 365をデプロイするための一般的なワークフロー

このガイドでは、Okta orgでOffice 365を構成するための情報を提供します。ライセンスのタイプによっては、このガイドの一部の項目が該当しない場合があります。

ヒント

ヒント

Office 365は影響の大きい統合です。最初に、Preview orgなどのテスト環境でこの統合を試すことをお勧めします。

タスク

説明

OktaにOffice 365を追加する

Okta orgにOffice 365のインスタンスを追加します。

Office 365向けにシングルサインオンを構成する SWAまたはWS-Federationを使用してOffice 365向けのシングルサインオンを構成します。
ユーザーをOffice 365にプロビジョニングする プロファイルマッピングを使用してOffice 365にユーザーをプロビジョニングします。
Office 365をユーザーやグループに割り当てる アプリ自体またはディレクトリから、Office 365アプリをユーザーやグループに割り当てます。
アプリサインオンポリシーを使用してOffice 365を保護する サインオンポリシーを使用してOffice 365アプリへのアクセスをセキュリティ保護します。
Office 365の統合に関するよくある質問 Office 365アプリに関するよくある質問への回答があります。