MFA 要素の設定

多要素認証(MFA)は、エンドユーザーがアプリケーションにサインインするときにそのエンドユーザーの身元を確認するために使用するために追加されるセキュリティレイヤーです。

Okta管理者は、組織またはアプリケーションレベルでMFAを設定できます。両方のレベルを有効にすると、エンドユーザーはOktaにサインインするときとアプリケーションにアクセスするときに資格情報を確認するように指示されます。

管理者ロール許可とMFAの詳細は、管理者を参照してください。

サポートされているMFA 要素