SMS認証(MFA)

エンドユーザーは、モバイルデバイスに送信されたセキュリティトークンを使用して組織にサインインします。デザイン上、SMS MFA 要素認証では、エンドユーザーがモバイルデバイスでSMSテキスト メッセージを受信する必要があります。管理者がこの要素を有効にすると、Oktaにサインインするときに認証コードが書かれたSMS テキストメッセージを受信します。SMS メッセージが心配な場合には、他の要素を有効にできます。

Info

エンド・ユーザーのデバイスに表示される送信者IDまたは電話番号は、サインインごとに変わる場合があります。これにより、Oktaはサービスの信頼性と配信を維持できます。

組織が単一の電話番号を使用して複数のエンド・ユーザーを認証する場合:

  • すべてのユーザーが同じ電話番号でこの要素に登録されます。
  • ユーザーのアクティビティーは高レベルであるため、番号がブロックされる場合があります。この問題が発生した場合は、すぐにOktaサポートに連絡して、その番号が組織で信頼されているか確認してください。

SMS認証の設定

この要素を設定した後にユーザーが初めて組織にサインインするとき、[Extra verification is required for your account(アカウントの追加の確認が必要です)] ページが表示され、以下のステップを実行する必要があります。

  1. [Text Message Code(テキスト メッセージコード)]の横の[Setup(セットアップ)] をクリックします。
  2. セキュリティ トークンを受信したい携帯電話番号を入力します。
  3. 携帯電話に送られたセキュリティ トークンを入力します。

携帯電話の設定をリセットして設定し直すか、新しい携帯電話番号を設定するには、ユーザーはホームページの[Account(アカウント)]タブを選択し、 [Extra Verification(追加の確認)]セクションで [Setup(セットアップ)] ボタンをクリックできます。

ユーザーの携帯電話番号が既にOktaで確認されている場合、次のメッセージが表示されます。

注

ユーザーがSMS要素を削除し、電話番号を指定しないで再設定した場合、確認済みの古い電話番号を引き続き使用できます。