サインイン ウィジェットのデフォルトアプリの構成

これは早期アクセス機能です。有効にする場合は、Oktaサポートにお問い合わせください。

エンドユーザーがカスタムURLや組織のURLに直接アクセスし、エンドユーザーがどのアプリにアクセスしようとしているのかをOktaがわからない場合(アプリコンテキスト)、どこにリダイレクトするかを指定することができます。 アプリケーションが開始した認証フローは影響を受けません。 この場合、認証されたユーザーは、この手順で構成したカスタムリダイレクトURLではなく、開始したアプリにリダイレクトされます。

また、この設定を使用して、パスワードやMFAのリセット、ユーザーの回復、その他の回復フローに続いてユーザーをリダイレクトする場所を管理できます。この機能により、エンドユーザーからOkta Dashboardを非表示にし、代わりに指定した別のデフォルトアプリケーションやドメインに送ることができます。

Caution

この機能は セルフサービス登録についてで構成されたデフォルトのリダイレクトURLを上書きします。

  1. 管理コンソールで、[設定] > に移動します[Customization(カスタマイズ)]に進みます。
  2. [General(一般)]タブで、[Default App for Sign-In Widge(サインイン ウィジェットのデフォルトアプリ)]セクションまでスクロールして[Edit(編集)]をクリックします。
  3. [Send to Custom URL(カスタムURLに送信)]を選択してリダイレクトURLを入力します。
  4. [Save(保存)]をクリックします。

関連トピック

サインアウト ページのカスタマイズ

カスタムアプリケーションのエラーページの構成

一般的なカスタマイズ設定の構成