属性レベルのソーシングについて

属性レベルのソーシングでは、個々のユーザー属性に対して異なるプロファイルソースを指定することができます。この機能を使用しない場合、ユーザーの属性はすべて1つのプロファイルソースで提供されます。

Oktaユーザーのプロファイルソース は通常、Active DirectoryのようなディレクトリサービスやWorkdayのようなアプリです。複数のディレクトリやアプリを使用している場合は、プロファイルソースに優先順位をつけて、ユーザーの属性が割り当てに応じて異なるソースから提供されるようにすることができます。 属性レベルソーシングでは、さらに一歩進んで、ユーザー属性に対して異なるプロファイルソースを指定することができます。

例えばOkta のユーザーは、部署などのプロファイル属性を Workday から調達することができます。 属性レベルソーシングでは、電話番号メールアドレスをActive Directoryから調達し、個人のメールアドレス好みの表示名をOktaから調達して、エンドユーザーが管理することができます。

プロファイル ソーシングはOktaのユーザープロファイルにのみ適用され、アプリのユーザープロファイルには適用されません。

属性レベルのソーシングを完了するには、以下のタスクを実行します。