セルフサービス登録設定の管理

これは早期アクセス機能です。有効にする場合は、Oktaサポートにお問い合わせください。

ここではセルフサービス登録(SSR)を管理するのに必要な情報が見つかります。SSR を使用すると、ユーザーはカスタムアプリまたはOktaホームページを使用して自己登録できます。SSRを有効化すると、Oktaサインイン ウィジェットにサインアップリンクが表示されます。このリンクを選択すると、ユーザーはカスタム登録ポリシーで定義された新規[Create Account(アカウントの作成)]登録フォームに進みます。SSRを有効にするには、スーパー管理者権限とバージョン2.9以降のOktaサインイン ウィジェットが必要です。

Okta Identity Engineを使用している場合、セルフサービス登録のために別の方法が用意されています。新規ユーザーの登録、アクティベーション、サインイン・エクスペリエンスを参照してください。

項目