はじめに

Okta Identity Engineを使用すると、組織はOktaクラウド・コンポーネントをカスタマイズして、膨大な数のIDのユース・ケースに対応できます。Identity Engineは、認証、承認、登録の事前定義された動作に依存するのではなく、動的なアプリベースのユーザー・ジャーニーをサポートできるカスタマイズ可能な構成要素を提供します。

Oktaソリューションを特定する

実行しているのがIdentity EngineまたはClassic Engineかどうかを管理コンソールで確認する

ドキュメントにアクセスする

Identity Engineの管理ドキュメントにアクセスするためのさまざまな方法を確認する

Oktaソリューションを比較する

Classic EngineとIdentity Engineの違いを比較する

一般的な組織の構成

主な機能に関するこのリストに基づいて新しい組織を設定する

開発者用ドキュメント

開発者向けのAPIドキュメント、コンセプト、ガイドを探す