はじめに

Okta Identity Engineを使用すると、組織はOktaクラウドコンポーネントをカスタマイズして、膨大な数のIDのユースケースに対応できます。Okta Identity Engineは、識別、承認、登録の事前定義された動作に依存するのではなく、動的なアプリベースのユーザージャーニーをサポートできるカスタマイズ可能な構成要素を提供します。

Okta Identity Engineのドキュメントには、右上隅に青色のラベルが付いています。Okta Admin Consoleからドキュメントにアクセスするには、任意のページのヘルプリンクをクリックするか、ユーザー名の横にあるヘルプアイコンをクリックします。使用しているソリューションがわからない場合は、Okta Admin Consoleの任意のページのフッターを確認してください。Okta Identity Engine orgにはバージョン番号にEが、Okta Classic Engine orgにはバージョン番号にCが追加されます。

Okta Classic Engineからのアップグレード
2つのソリューションを比較し、アップグレードの対象かどうかを確認します
組織をセットアップするための一般的なワークフロー
主な機能に関するこのリストに基づいて新しいorgを設定する
開発者用ドキュメント
開発者向けのAPIドキュメント、コンセプト、ガイドを探します