リクエストを作成および管理する

組織がリクエストタイプを作成すると、要求者はすぐに使用を開始できます。Okta Access Requestsを使用すると、ユーザーはAccess Requestsコンソールから、またはSlack、Microsoft Teams、メールなどの一般的な通信チャネルから直接リクエストを作成できます。

開始する前に

Access Requestsコンソール

  1. Okta End-User Dashboardから、[Okta Access Requests]タイルをクリックします。
  2. Access Requestsコンソールで、[App Catalog(アプリカタログ)]に移動します。
  3. リクエストタイプを特定し、[Request access(アクセスをリクエスト)]をクリックします。
  4. 必須フィールドに入力し、[Submit new request(新規リクエストを送信)]をクリックします。

Access Requestsに詳細画面が開きます。ユーザーは、リクエストを更新したり、承認者と通信したり、リクエストのステータスを追跡したりできます。要求者がリクエストを送信した後で質問への回答を変更することはできません。

SlackとMicrosoft Teams

要求者は、SlackとMicrosoft Teamsから直接リクエストを送信することもできます。ユーザーは、SlackチャネルかMicrosoft Teamsのチャットを通じてリクエストのライフサイクル全体を管理できます。Slack内とMicrosoft Teams内のメッセージとアクションは、Access Requestsコンソールにも反映されます。統合の詳細については、「SlackをAccess Requestsと統合する」と「Microsoft TeamsをAccess Requestsと統合する」を参照してください。

Access Requestsでは、機械学習を使用して自然言語によるリクエストから情報を解析し、それを過去のリクエストと比較します。要求者が「Grammarlyアカウントが必要です」や「Jiraにアクセスする必要があります」というメッセージを送信すると、システムはリクエストに最適なリクエストタイプを特定しようとします。システムがリクエストの分類を誤った場合でも、要求者はリクエストを手動で調整できます。

Slackチャネルを使用したリクエストの送信

  1. Oktaボットに連絡します。
    • ボットを含むチャネルで@Oktaボットにタグを付けます。
    • /access Slackスラッシュコマンドを使用します。
  2. 自然言語を使用してリクエストを入力します。
  3. ボットからの応答をレビューし、情報が正しいことを確認します。
  4. Continue(続行)]をクリックします。
  5. [Add details(詳細を追加)]ダイアログに必須情報を入力します。
  6. [Submit(送信)]をクリックします。

リクエストが作成されます。リクエストに対する変更または更新は、すぐにSlackメッセージに反映されます。

Microsoft Teamsチャットを使用したリクエストの送信

  1. Oktaボットを含むMicrosoft Teamsチャットを開きます。
  2. 自然言語を使用してリクエストを入力します。
  3. ボットからの応答をレビューし、情報が正しいことを確認します。
  4. Continue(続行)]をクリックします。
  5. ダイアログに必須情報を入力します。
  6. [Submit(送信)]をクリックします。

リクエストが作成されます。リクエストに対する変更または更新は、すぐに同じMicrosoft Teamsチャットに反映されます。

メール

チームには、ユーザーがリクエストを作成するために連絡できるメールアドレスが自動的に割り当てられます。Slackと同様に、システムは機械学習を使用して、メールの内容に基づいて最適な一致を特定します。

たとえば、ユーザーがfinance-team@akto.comにメールを送信して、財務チームへのリクエストを作成するとします。システムは、リクエストを既存のリクエストタイプと照合しようとします。ユーザーは引き続きAccess Requestsダッシュボードからリクエストをレビューできます。

関連項目