チュートリアル:Salesforceへのユーザープロビジョニング

このチュートリアルは、Oktaで最も一般的な使用事例の1つである「Salesforceへのユーザープロビジョニング」について説明します。このフローをオンにすると、OktaでSalesforceアプリにユーザーを割り当てるだけで、完全なSalesforceユーザープロファイルを作成できます。このフローは、個人またはグループの割り当てを行うとトリガーされます。

  • ユーザーがSalesforceに存在しない場合、フローがSalesforceユーザーを作成し、プロファイルと機能ライセンスを割り当てます。
  • ユーザーがSalesforceですでにアクティブになっている場合、フローが終了します。
  • ユーザーがSalesforceで非アクティブになっている場合、フローがユーザーを再アクティブ化します。

フローが無事実行されたら、正しいエンタイトルメントを割り当てられたユーザーがSalesforceに作成されます。ユーザーはその後、ダッシュボードでSalesforceアプリ立ち上げることにより、Salesforceにログインできます。

このチュートリアル終了までに、組織に対するフローの設定方法、そのフローを編集して通知を追加する方法、フローをとリガーして結果を読み込む方法が理解できます。

このチュートリアルのステップ

動画を観る