Delete Delegate(代理人の削除)

Gmail内のアカウントの指定の代理人(検証ステータスは任意)を削除し、その代理人の使用時に求められたあらゆる検証を無効化します。

アクセス権を付与するユーザーは委任者と呼ばれ、アクセス権を受け取るユーザーは代理人と呼ばれます。代理人ユーザーは、メールエイリアスではなく、プライマリーメールアドレスによって参照される必要があります。

このアクションカードを使用するには、初めにGoogle Cloudプロジェクトとサービスアカウントをセットアップする必要があります。「 所有権の転送機能のためのアカウントの認可」を参照してください。

オプション

フィールド定義タイプ必須
Google Cloud Platform Project(Google Cloud Platformプロジェクト)

ユーザーが属するプロジェクト。

最大で100プロジェクトが表示されます。

オプションとしてメールアドレスによってプロジェクトを指定するには、[Enter Service Account Email(サービスアカウントメールの入力)]を選択します。このオプションを選択すると、[Service Account(サービスアカウント)]フィールドにも同じオプションが設定されます。[Service Account(サービスアカウント)]入力セクションの[Email(メール)]フィールドにメールアドレスを入力する必要があります。

失敗が生じてプロジェクトがドロップダウンに表示されないときは、[Enter Service Account Email(サービスアカウントメールの入力)]オプションのみが表示されます。

ドロップダウンTRUE
Service Account(サービスアカウント)

ユーザーが属するサービスアカウント。

最大で100サービスアカウントが表示されます。

エラーが生じてアカウントがドロップダウンに表示されないときは、[Enter Service Account Email(サービスアカウントメールの入力)]オプションのみが表示されます。

ドロップダウンTRUE

入力

フィールド定義タイプ必須
Delegator (委任者)
Email(メール)代理人のメールアドレス。文字列TRUE
Delegate (代理人)
Email(メール)代理人のメールアドレス。文字列TRUE

出力

フィールド定義タイプ
Status Code(ステータスコード)操作の結果。HTTPステータスコードはコネクタによって返され、カードによって実行されたアクションが成功したか失敗したかを示します。以下に例を挙げます。
  • 201 Createdステータスコードは、新しいリソースが作成された場合の成功を示します。
  • 403 Forbiddenエラーは、必要な権限が不足していたためにHTTPリクエストが処理されなかったことを示します。

発生する可能性があるステータスコードの完全なリストについては、「 HTTPステータスコード」を参照してください。

数値

関連項目

Gmailコネクタ

Okta Workflowsの要素について

Gmail APIドキュメンテーション