課題の更新

Jiraの課題を更新します。

オプション

フィールド定義タイプ必須
Project (プロジェクト)JIRAアカウントの既存プロジェクトのリスト。All Projectsを選択し、入力としてプロジェクト名を入力します。ドロップダウンTRUE
Issue Type (課題タイプ)作成する課題のタイプ。All Issue Typesを選択し、入力として課題タイプを使用します。ドロップダウンTRUE
注

[All Projects (すべてのプロジェクト)]または[All Issue Types (すべての課題タイプ)]を選択し、フローが実行される度に異なるタイプを実行します。

入力

入力フィールドは、[Options (オプション)]の選択に応じて動的に生成されます。オプションとしてプロジェクト名または課題タイプを指定しない場合、ここで入力します。

フィールド定義タイプ必須
Issue (課題)
ID or Key (IDまたはキー)更新する課題のIDまたはキー。これらは課題のURL (たとえばhttps://yourdomain.atlassian.net/projects/YP/issues/YP-19 )または課題の検索カードを使用して特定できます。文字列FALSE
Issue Type (課題タイプ)[Issue Type (課題タイプ)]ドロップダウンで選択した課題のタイプ文字列FALSE
Summary (概要)課題の概要文字列FALSE
Components (コンポーネント)プロジェクトのコンテナーまたはサブセクション。課題をグルーピングするために使用されます。コンポーネントのデフォルトの担当者を設定すると、プロジェクトのデフォルトの担当者がオーバーライドされます。テキストのリストFALSE
Description (説明)課題の説明。ユーザーにメールを送信するには、ここでメンションします(@ + accountId文字列FALSE

出力

フィールド定義タイプ
Status Code(ステータスコード) 操作の結果。HTTPステータスコードはコネクタによって返され、カードによって実行されたアクションが成功したか失敗したかを示します。以下に例を挙げます。
  • 201 Created(201作成済み)ステータスコードは、新しいリソースが作成された場合の成功を示します。
  • 403 Forbiddenエラーは、必要な権限が不足していたためにHTTPリクエストが処理されなかったことを示します。

発生する可能性があるステータスコードの完全なリストについては、「 HTTPステータスコード」を参照してください。

数値

関連項目

Jiraコネクタ

Okta Workflowsの要素について

Jira APIドキュメンテーション