Jiraコネクタ

Jiraは、課題とプロジェクトを追跡するプラットフォームです。課題の作成、リスト化、読み取り、更新、削除のほか、Jira APIに対するカスタムAPI呼び出しを行うことができます。

注

このコネクタは、Jiraクラウドでのみ使用できます。オンプレミスのJiraサーバーでは使用できません。「サーバーから開発者向けクラウドへの移動」を参照してください。

Jiraアカウントの承認

Jiraカードを初めてフローに追加するときは、新しい接続を作成するよう求められます。「承認」を参照してください。

Jiraコネクタイベントカード

Action (アクション)

Description (説明)

課題の削除 Jiraの課題が削除されるとフローをトリガーします。このカードの出力は、Jiraから動的に取得され、Jira実装に応じて変化します。
課題の遷移 Jiraの課題のステータスが変更されるとフローをトリガーします。
課題の更新 Jiraの課題が更新されるとフローをトリガーします。
新規課題 Jiraの新規課題が作成されるとフローをトリガーします。

Jiraコネクタアクションカード

1つのフローに複数のJiraコネクタアクションカードを含める場合、ただ1つのJiraカードを使用して一覧表示または検索を実行し、Jira環境からのすべての課題を返すことを推奨します。

Action (アクション)

Description (説明)

課題の作成 Jiraの新規課題を作成します。
カスタムAPIアクション Jira APIに対してカスタムの認証済みHTTP呼び出しを行います。
課題の削除 Jiraの課題を削除します。
課題の一覧表示 Jiraプロジェクトのすべての課題を一覧表示します。
課題の読み取り Jiraの課題を読み取ります。
課題の検索 Jiraの課題を検索します。
JQLによる課題の検索 Jira Query language(JQL)クエリーを使用して、Jiraの課題のリストを取得します。
課題の遷移 Jiraの課題のステータスを変更します。
課題の更新 Jiraの課題を更新します。