チャットを作成する

Microsoft Teams内にチャットを作成します。

入力

フィールド 定義 タイプ 必須
Chat(チャット)
Chat Type(チャットタイプ) チャットのタイプを指定します。取り得る値は次のとおりです。
  • oneOnOne:1:1チャットであることを示します。
  • group:グループチャットであることを示します。
ドロップダウン TRUE
Topic(トピック) チャットのタイトル。チャットタイトルを指定できるのは、チャットタイプがグループの場合のみです。 文字列 FALSE
User IDs(ユーザーID) ユーザーの一意識別子。 文字列のリスト FALSE

出力

フィールド 定義 タイプ
Response (レスポンス)
ID チャットの一意識別。 文字列
Topic(トピック) チャットのタイトル。チャットタイトルを指定できるのは、チャットタイプがグループの場合のみです。 文字列
Chat Type(チャットタイプ) チャットのタイプを指定します。 文字列
Created Date Time(作成日時) チャットメッセージが作成されたタイムスタンプ。 日時
Last Updated Date Time(最終更新日時) チャット名が変更された、またはメンバーリストが最後に変更された日時。 日時
Status Code(ステータスコード)

操作の結果。コネクターは、カードによって実行されたアクションが成功したか失敗したかを示す、HTTPステータスコードを返します。例:

  • 201 Createdステータスコードは、アクションが成功し、新しいリソースが作成されたことを示します。
  • 403 Forbiddenエラーは、必要な権限が不足していたためにHTTPリクエストが処理されなかったことを示します。

発生する可能性があるステータスコードの完全なリストについては、「HTTPステータスコード」を参照してください。

数値

追加情報

Workflows接続の作成に使用されたユーザーアカウントは、コネクターによってユーザーリストに自動的に追加されます。接続ユーザーのユーザーIDに渡す必要はありません。

関連項目

Microsoft Teamsコネクター

Workflows要素

Microsoft Teamsコネクターに関するガイダンス

Microsoft Teams APIの概要