Find Custom

ヘルパーフローを呼び出すことで、どのような複雑なテストでも行えます。たとえば、特定の顧客のメールアドレスのリストから、マーケティングデータベースにすでに存在する最初のメールアドレスを探すことができます。

テストに一致するすべてのアイテムを返すには、FilterまたはFilter Customを代わりに使用してください。

入力フィールド

Findカードへの入力は次のように行います。

  • list:検索するリスト

  • flow:リストの各アイテムについて、一致するものが見つかるまで、このヘルパーフローが(上述のように)1回ずつ呼び出されます

  • with the following values (動的に生成)

    • item:(ヘルパーフローを作成するときに選択した任意の名前)リストで、現在のアイテムを保持しているフィールドをクリックし、[Item(アイテム)]を選択します。または、各アイテムから特定の値のみが必要な場合、オブジェクト内でその値のパスを選択することもできます。

    • 選択したヘルパーフローについて、ヘルパーフローのイベントカードにオプションの追加フィールドが存在すれば、それらも入力フィールドとして表示されます。

出力フィールド

  • item:リスト内で、ヘルパーフローからTrueが返された最初のアイテム。item の型は、必ずリストの型と同じに設定してください。

  • index:元のリストでアイテムの見つかった位置。リストの最初のアイテムは0です。一致するものが見つからなかった場合、-1を返します。

list[2,4,12,7,3,8] で、 flow が、数値が奇数のときにTrueを返すヘルパーフローに設定され、ヘルパーフローの入力にitemが渡されたとき、出力のitem7(リスト内で、ヘルパーフローから最初にTrueが返されたアイテム)、index3になります。

関連項目

リストについて

Workflowsの関数

Okta Workflowsの要素について