Find Pattern

テキストで、パターンに一致する最初の場所を探します。

入力フィールド

  • look in:検索元となるテキスト。

  • look for:検索で探すテキスト、またはパターン。パターンは、正規表現と呼ばれる標準のパターン形式に従う必要があります (以下の詳細を参照)。

出力フィールド

  • position:最初に一致する場所の先頭の位置で、0は元の文字列の先頭を表します。一致するものが見つからなかった場合、-1を返します。

パターンのオプション

Find関数とは異なり、Find Pattern関数では正規表現もサポートされています。正規表現の例を以下に示します。

  • \w:任意の英数字 (例:文字または数字) を探します

  • \s:任意の空白文字 (例:空白またはタブ) を探します

  • \d:任意の数値の桁を探します

  • [1-5]:1から5までの数字を探します

  • [aeiou]:a、e、i、o、uのいずれかの文字を探します

  • hello|test:「hello」または「test」を探します

  • colou?r:「color」または「colour」を探します (?は、前の要素が0個または1個存在することを示します)

  • \d{5}:5つの連続する数値の桁を探します ({数値}は、前の要素がその数値の回数だけ連続することを示します)

  • [^\w]:英数字ではない任意の文字を探します。任意の他のパターンの前にnot演算子^を追加できます。たとえば[^a]a以外の任意の文字を探し、[^\d{3}]は3桁の連続する数値以外のすべてを探します

.+*\など多くの文字には、正規表現において特別な意味があります。これらの文字を検索するには、その文字の前に\を置く必要があります。たとえば、次のようにします。

  • \.:ピリオドを探します

上記の任意のパターンは、固定のテキストと組み合わせできます。たとえば、次のようにします。

  • test\.\d{3}:「test」という単語の後にピリオドがあり、その後に3つの数字の桁が連続している場所を探します

例:

単純な検索の場合、Find PatternFindと同じに動作します。

look intesting_123の場合

  • look for test -> position0 (先頭に見つかる)

  • look for ing -> position4 (4は4番目の文字の、5番目の位置から開始することを示す)

  • look for hello -> position-1 (一致が見つからない)

  • look for \d -> position8 (最初の数字)

  • look for \w_\d -> position6 (任意の文字、アンダーライン、任意の数字の並び)

  • look for esting_\d{3} -> position1 (「esting_」の後に任意の3桁の数字)

Find Patternは多くの場合、Text Segmentと組み合わせ、パターンに一致するテキストを取得するため使用されます。

関連項目

Workflowsの関数

Okta Workflowsの要素について