Replace Patterns

複数のパターンのいずれかを探し、単一の値に置き換えます。単一のテキストまたはパターンを探す検索と置き換えには、Replaceを代わりに使用してください。

入力フィールド

  • look in :元になる完全なテキスト。

  • replace with:見つかったインスタンスを置き換えるテキストで、削除する場合は空のままにします (空文字列と置き換えます)。

  • all instancesTrueに設定すると、一致する場所がすべて置き換えられます。Falseに設定すると、見つかった最初の場所のみが置き換えられます。

  • case sensitiveTrueに設定した場合、パターンは大文字/小文字の区別も含めて正確に一致する必要があります。Falseなら、TesttestTESTtEsTにも一致します。

  • patterns:単一のテキストやパターンを検索するReplace関数とは異なり、patternsでは検索する複数のテキストやパターンを追加でき、それらがすべて同じreplace withテキストに置き換えられます。検索する追加のパターンのそれぞれについて、[patterns (パターン)] セクションに新しい入力を追加します。各入力の名前は無視されます。

出力フィールド

  • result text:置き換えが行われた後のテキスト。 patterns のテキストが見つからない場合、result textlook in入力と同じテキストです。

使用例

この関数は、大きなlook inテキストから文字の組を取り除くために使用できます。このためには、取り除くそれぞれの文字列ごとに1つのフィールドを[patterns (パターン)]セクションに追加し、[replacement (置き換え)] を空白のままにします。

この関数を使用して、テキストの特定の文字をアスタリスクに置き換え、情報を隠すことができます。

パターンのオプション

各パターンには単純なテキストも、正規表現と呼ばれる標準のパターン形式を使用する複雑なパターンも使用できます。正規表現の例を以下に示します。

  • \w:任意の英数字 (例:文字または数字) を探します

  • \s:任意の空白文字 (例:空白またはタブ) を探します

  • \d:任意の数値の桁を探します

  • [1-5]:1から5までの数字を探します

  • [aeiou]:a、e、i、o、uのいずれかの文字を探します

  • hello|test:「hello」または「test」を探します

  • colou?r:「color」または「colour」を探します (?は、前の要素が0個または1個存在することを示します)

  • \d{5}:5つの連続する数値の桁を探します ({数値}は、前の要素がその数値の回数だけ連続することを示します)

  • [^\w]:英数字ではない任意の文字を探します。任意の他のパターンの前にnot演算子^を追加できます。たとえば[^a]a以外の任意の文字を探し、[^\d{3}]は3桁の連続する数値以外のすべてを探します

.+*\など多くの文字には、正規表現において特別な意味があります。これらの文字を検索するには、その文字の前に\を置く必要があります。たとえば、次のようにします。

  • \.:ピリオドを探します

上記の任意のパターンは、固定のテキストと組み合わせできます。たとえば、次のようにします。

  • test\.\d{3}:「test」という単語の後にピリオドがあり、その後に3つの数字の桁が連続している場所を探します

他のパターンの例については、Find Patternを参照してください。

関連項目

Workflowsの関数

Okta Workflowsの要素について