Access Gatewayのデプロイメント

デプロイメントとはAccess Gateway仮想アプライアンスをダウンロードし、インストールするプロセスです。通常、Access Gatewayは Access Gatewayアーキテクチャの略図に示されているものと同じようなアーキテクチャを使用してデプロイされます。ただし、高可用性の使用は必須ではありません。なお、Access Gatewayインスタンスは仮想環境でのホストが必須ですのでご注意ください。

Access Gateway High Availabilityのアーキテクチャ (missing or bad snippet)

VMware vSphereにデプロイする

このセクションでは、VMware vSphereにデプロイするためにAccess Gatewayをデプロイするプロセスを調べます。
Access Gatewayは、サポートされるデプロイ環境リストに記載の環境にデプロイできます。

最新のOVAイメージをダウンロード

最近のOkta Access Gateway OVAイメージをダウンロードするには:

  1. Okta Orgに管理者としてサインインします。

  2. [Settings(設定)] > [Downloads(ダウンロード)]ページからOkta Access Gatewayイメージをダウンロードします。

  3. プロンプトが表示されたら、OVAファイルを適切な場所に保存します。

VMware ESXi/vSphereにインポートするには:

(missing or bad snippet)

デプロイ後に必要な設定タスクを実行する

(missing or bad snippet)

サポートされるデプロイ環境