Active Directory Federation Services(ADFS)向けMFA

Active Directory Federation Services(ADFS)v. 3.0およびv. 4.0向けのOkta多要素認証(MFA)プロバイダーをインストールします。

この機能により、顧客はアプリケーションへのIDプロバイダー(IdP)としてADFSを使用でき、MFAにOktaを使用してアプリケーションに強力な認証を提供できます。インストールを開始する前に、必要条件と前提のリストを確認してください。

開始する前に

Okta Credential Provider for Windowsをインストールするための要件は次のとおりです。

  • プロキシー構成:Okta Credential Provider for Windowsは個別のプロキシー構成をサポートしませんが、システムレベルのプロキシー構成に従います。
  • インストールに使用するWindowsマシンでは、ポート443が開いたアクティブなインターネット接続が必要です。
  • インストールに使用するアカウントには、Okta Windows Credential Provider Agent、Visual C++ Redistributable、および.NET 4.0+をインストールするための管理者権限が必要です。

TLS 1.2が必要です。「OktaによるTLS 1.1対応ブラウザーのサポート終了」を参照してください。

サポートされるオペレーティングシステム

Okta Credential Provider for Windowsエージェントは以下にインストールできます。

  • Windows Server 2019(v1.3.0以降)
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2012
  • Windows Server 2012 R2

サポートされているオーセンティケーター

次の認証方法がサポートされています。

MFAオーセンティケーター

Duo

メール

Google認証システム

On-Prem MFA(RSA)

セキュリティ上の質問

Okta Verify

電話(SMSおよび音声通話)

一般的なワークフロー

タスク

説明

エージェントのダウンロード Okta Admin Consoleで、[Settings(設定)]>[Downloads(ダウンロード)]に移動します。エージェントをインストールするマシンに、[MFA Plugins and Agents(MFAプラグインとエージェント)]セクションから[Okta MFA provider for ADFS agent(ADFSエージェント用Okta MFAプロバイダー)]をダウンロードします。「Okta ADFSプラグインのバージョン履歴」を参照してください。
OktaでMicrosoft ADFSをインストールして構成する 以下を有効にして構成します。
  • 必要なMFA要素と対象グループ
  • ADFSアプリケーション
  • クロスオリジンのリソース共有
ADFSサーバーにOkta ADFSプラグインをインストールする ADFSサーバーにADFSプラグインをインストールして構成します。

ADFS構成設定の詳細については、「Active Directory Federation Services(ADFS)向けMFAの構成」を参照してください。

ADFSでOkta MFAプロバイダーを有効にする ADFSのMFAプロバイダーとしてOktaを有効にします。
証明書利用者アプリケーションにアクセス制御ポリシーを追加する 証明書利用者アプリケーションにアクセス制御ポリシーを追加します。
Microsoft ADFS(MFA)アプリケーションを割り当てる Oktaアプリケーションをユーザーまたはグループに割り当てます。
ADFSにログインする際のOkta MFAプロンプトを確認する アプリケーションが想定通りに動作することを確認します。
トラブルシューティング Okta MFA provider for ADFSエージェントのインストールに関するトラブルシューティングを行います。

インストールおよび構成後のタスク

タスク

説明

既存のADFSインストールでOpen ID Connectを有効にする
既存のADFSインストールでOpen ID Connectを有効にします。
OIDC対応として構成された既存のインストールでサービスとしてのMFAを有効にする 既存のADFSインストールでサービスとしてMFAを有効にする