Import From CSV

CSVファイルの内容をテーブルにインポートします。

ファイルの内容がインポートされたら、行の検索関数を使用して単一の行、行のサブセット、またはすべての行を取得する、For Eachなどのリスト関数を使用して行を1つずつ処理するなど、各種の方法でデータを処理できます。

オプション

フィールド定義タイプ必須
Table(テーブル) CSVの内容をインポートするテーブル。

テーブルを選択するには以下を実行します。

  1. [Choose Table(テーブルの選択)]をクリックしてダイアログボックスでテーブルを選択するか、[New Table(新規テーブル)]をクリックして新しいテーブルを作成し、[Choose(選択)]をクリックします。

  2. カードで[Save(保存)]をクリックします。

別のテーブルで操作するフローにこのカードが含まれている場合、[provide table at runtime(実行時にテーブルを提示)]オプションを選択します。「実行時のテーブルIDの提示」を参照してください。

ダイアログボックスTRUE

入力

フィールド定義タイプ必須
インポート先
テーブルID([provide table at runtime(実行時にテーブルを提示)]オプションを選択した場合) CSVのデータをインポートするテーブルのID。テーブルIDを取得する方法については、「実行時のテーブルIDの提示」を参照してください。 文字列TRUE
ソース
File Content(ファイルコンテンツ)
  • インポート元CSVファイルのファイルID。 正しい形式のCSVファイルの必要があります。
  • ファイルTRUE
    オプション
    Select(選択) テーブルに直接インポートする列名のリスト。CSV列名が、宛先テーブル内の対応する列と完全に一致する場合、この入力を使用します。

    例:

    CSVファイルに「Column 1」という列ヘッダーがあり、テーブルのインポート先列の名前も「Column 1」になっている場合、このリストに「Column 1」と入力します。ただし、CSVとテーブルとのマッピングがより複雑な場合、以下の[Mapping(マッピング)]入力を使用し、この[Select(選択)]入力フィールドには値を追加しません。

    テキストFALSE
    Mapping(マッピング) CSVファイルの列名とインポート先テーブルの列名のマッピングを表すオブジェクト。

    このオブジェクトを構築するには、すべてのキーがCSVファイルの列ヘッダーの名前で、インポート先テーブルの列名が対応する値であることを確認します。

    CSV列ヘッダーがマップされていないと、その列はインポート先テーブルにインポートされません。

    例:

    インポート元は「Column 1」と「Column 2」という名前の2つの列ヘッダーがあるCSVファイルです。「Column 1」のすべてのデータを、インポート先テーブルの列「Column A」にマップします。「Column 2」の情報はインポート先テーブルにインポートしません。マッピングオブジェクトは{"Column 1" : "Column A"}となり、「Column 2」は完全に省かれます。

    オブジェクトFALSE
    Delimiter(区切り記号)インポート元CSVファイルのカスタム区切り記号。たとえば、パイプで区切られたCSVを作成するには、区切り記号として|を入力します。デフォルトは,です。文字列FALSE
    Clear Destination(インポート先のクリア) CSVファイルからデータをインポートする前にインポート先テーブルですべての既存の行を削除する必要がある場合はTrueに設定します。Falseを選択すると、インポートされたデータがインポート先テーブルの末尾に追加されます。 ブーリアンFALSE

    出力

    フィールド定義タイプ
    New Rows(新規行)インポート元CSVファイルからインポートされた行の合計数。数値

    関連項目

    Workflowsの関数

    Okta Workflowsの要素について