Oktaエージェントの自動更新

これは早期アクセス機能です。この機能を有効にするには、「早期アクセスおよびベータ機能の管理」で説明したように、早期アクセス機能マネージャーを使用します。

エージェントの自動更新機能により、Oktaエージェントを最新の状態に保ちながら、最新のOkta機能を確実に使用できるようになります。単一または複数のエージェントを自動更新することも、営業時間外に更新をスケジュールして、ダウンタイムとユーザーの混乱を減らすこともできます。

エージェント自動更新を使用すると、新しいエージェントがリリースされるたびにエージェントをアンインストールしてから再インストールする必要がなくなります。代わりに、更新するエージェントを選択すれば、インストーラーによってそのエージェントが削除され、エージェントの最新バージョンがインストールされます。

エージェント自動更新機能を使用するには、Okta Active Directory(AD)エージェントバージョン3.8.0以降をダウンロードしてインストールする必要があります。「最新のエージェントバージョンをダウンロードする」を参照してください。

トピック