Oracle E-Business Suite アプリケーションを追加する

Oracle E-Business SuiteとAccess Gatewayとの統合には2つの方法があり、通称はClassicRapidです。

  • Classicでは、Oracle EBS Oracle Access Gateと、Oracle Internet Directory (OID) またはOracle User Directory (OUD)のいずれかが必要です。
  • Rapidでは、Oracle EBS はEBS 資格情報とEBS DCS ファイルが必要です。

(missing or bad snippet)

アーキテクチャ

EBS RapidフローEBS Classicフロー

EBS Rapidプロセスフロー

  1. ユーザーがサインインします。
  2. EBSユーザーIDを送信します。
  3. EBSユーザーを検証します
    (これによってAccess Gateway EBSセッションが生成される)。
  4. EBSセッションCookieを付けてEBSにリダイレクトします。

EBS Classicプロセスフロー

  1. ユーザーがサインインします。
  2. EBSユーザーIDを送信します。
  3. EBSユーザーIDを使用してGUIDを検索します。
  4. GUID(ヘッダー)をOracle Access Gate
    (EBS Cookieを生成)に送信します。
  5. EBSセッションCookieを付けてEBSにリダイレクトします。
詳しくはAccess Gateway Rapid SSO 使用時のOracle E-Business Suiteリファレンス アーキテクチャをご覧ください。詳しくはAccess Gateway Classic SSO 使用時のOracle E-Business Suiteリファレンス アーキテクチャをご覧ください。

開始する前に

以下を確認します:

    (missing or bad snippet)
  • 外部アプリのバージョンがサポートされている。OracleE-Business Suiteでサポートされるバージョンは以下の通りです:
  • (missing or bad snippet)

Classicプロセスフローの場合、以下を確認します:

  • Oracle E-Business Suite(EBS)がOracle Access GateおよびOracle Internet Directory (OID)またはOracle User Directory (OUD)で構成されている。

Rapidプロセスフローの場合、以下を確認します:

  • Oracle E-Business Suite(EBS)が構成されていて、利用可能である。
  • DBCファイルがOracle EBSオーナーによって作成されていて、Access Gateway管理者が利用できる。
    Oracle E-Business Suite for Rapid SSOの構成方法に関する手順は、Oracle E-Business Suite アプリケーションを追加するをご覧ください。
    情報

    重要

    Rapid EBS SSOはAccess GatewayとEBS サーバーとの間の通信にドメインCookieを使用します。保護対象サービスとゲートウェイの外部向けインスタンスで使用されるドメインは、同じドメインを共有しなければなりません。


  • EBS_USERは Oktaテナントユーザーにマップされます。

典型的なワークフロー

タスク

説明

含めるグループを作成する
  • ベストプラクティスとして、アプリケーションに割り当てるグループを任意で作成しておきます。

[Rapidのみ] EBS をAccess Gatewayで使用するように構成します。

  • Oracle EBS をAccess Gatewayで使用できるように構成し、必要なDSCファイルを生成します。
EBSアプリケーションを作成する
  • RapidまたはClassic EBS SSO向けにアプリケーションを作成します。
アプリケーションをテストする
  • アプリケーションをテストします。
トラブルシュート
  • 必要に応じて統合のトラブルシューティングを行います。

関連項目

(missing or bad snippet)