行動検知を構成する

動作検知を使用するには、動作タイプのいずれかをサインオンポリシーに追加する必要があります。その後、サインオンポリシー ルールに行動を追加します。また、行動検知の管理やエンドユーザーの行動のリセットもできます(省略可)。

タスク

説明

ロケーション行動の追加

ロケーション行動を追加して行動検知を構成します。これは、サインオン時のエンドユーザーの地理的なロケーションの変更に基づいてポリシーを定義するために使用されます。

IP行動の追加 サインオンポリシーの評価に使用するIP行動を追加して、行動検知を構成します。
デバイス行動の追加

ログイン時のエンドユーザーのデバイスの変更に基づいてポリシーを定義するために使用されるデバイス行動を追加して、行動検知を構成します。

速度行動の追加

連続する2回のログイン試行の間における、エンドユーザーの地理的場所の変化に基づいたポリシーの定義に利用される速度の動作を追加して、動作検知を構成します。

サインオンポリシールールに動作を追加する

既存のサインオンポリシー ルールに動作を追加します。動作に加えて、ルールの条件がすべて満たされると、ルールがトリガーされます。

動作設定の管理 アクティブ化、非アクティブ化、編集、削除の各アクションを使用して行動設定を管理します。
ユーザーの行動プロファイルのリセット エンドユーザーの行動プロファイルをリセットします。