Read Team(チームの読み取り)

IDを指定してMicrosoft Teamを読み取ります。

入力

フィールド定義タイプ必須
Team(チーム)
ID チームの一意のID。 文字列TRUE

出力

フィールド定義タイプ
Response(レスポンス)
IDチームの一意のID。文字列
Display Name(表示名)チームの表示名。文字列
Description(説明)チームの説明。 文字列
Visibility(可視性)グループとチームの可視性。

たとえば、Public(パブリック、デフォルト)またはPrivate(プライベート)を指定できます。

文字列
Web UrlMicrosoft Teamsクライアント内のチームにアクセスするハイパーリンク。Microsoft Teamsクライアントでチームを右クリックし、[Get link to team(チームへのリンクを取得)]を選択すると得られるURLです。 文字列
Membership is Limited to Owners(メンバーシップを所有者に限定)チームのメンバーシップを所有者ロールを持つユーザーに限定するかどうかを指定します。ブーリアン
Member Settings(メンバー設定)
Allow Create Update Channels(チャンネルの作成と更新を許可)メンバーがチャンネルを作成および更新できるかどうかを指定します。 ブーリアン
Allow Create Private Channels(プライベートチャンネルの作成を許可)メンバーがプライベートチャンネルを作成できるかどうかを指定します。 ブーリアン
Allow Delete Channels(チャンネルの削除を許可)メンバーがチャンネルを削除できるかどうかを指定します。 ブーリアン
Allow Add Remove Apps(アプリの追加と削除を許可)メンバーがアプリを追加および削除できるかどうかを指定します。 ブーリアン
Allow Create Update Remove Tabs(タブの作成、更新、削除を許可)メンバーがタブを作成および削除できるかどうかを指定します。 ブーリアン
Allow Create Update Remove Connector(コネクタの作成、更新、削除を許可)メンバーがコネクタを作成および削除できるかどうかを指定します。 ブーリアン
Guest Settings(ゲスト設定)
Allow Create Update Channels(チャンネルの作成と更新を許可)ゲストがチャンネルを作成および更新できるかどうかを指定します。 ブーリアン
Allow Delete Channels(チャンネルの削除を許可)ゲストがチャンネルを削除できるかどうかを指定します。 ブーリアン
Messaging Settings(メッセージ設定)
Allow User Edit Settings(ユーザーに設定の編集を許可)ユーザーが設定を編集できるかどうかを指定します。 ブーリアン
Allow User Delete Messages(ユーザーにメッセージの削除を許可)ユーザーがメッセージを削除できるかどうかを指定します。 ブーリアン
Allow Owner Delete Messages(所有者にメッセージの削除を許可)所有者がメッセージを削除できるかどうかを指定します。 ブーリアン
Allow Team Mentions(チームメンションを許可)チームメンションが許可されるかどうかを指定します。 ブーリアン
Allow Channel Mentions(チャンネルメンションを許可)チャンネルメンションが許可されるかどうかを指定します。 ブーリアン
Fun Settings(おもしろ設定)
Allow Giphy(Giphyを許可)グループのメンバーがGiphy画像を使用できるかどうかを指定します。 ブーリアン
Giphy Content Rating(Giphyコンテンツレーティング)許容するGiphyコンテンツのレーティングレベルを表示します。

たとえば、strictまたはmoderateを指定できます。

文字列
Allow Stickers and Memes(StickerとMemeを許可)StickerとMemeが許可されるかどうかを指定します。 ブーリアン
Allow Custom Memes(カスタムMemeを許可)StickerとMemeが許可されるかどうかを指定します。 ブーリアン
Status Code(ステータスコード)操作の結果。HTTPステータスコードはコネクタによって返され、カードによって実行されたアクションが成功したか失敗したかを示します。以下に例を挙げます。
  • 201 Createdステータスコードは、新しいリソースが作成された場合の成功を示します。
  • 403 Forbiddenエラーは、必要な権限が不足していたためにHTTPリクエストが処理されなかったことを示します。

発生する可能性があるステータスコードの完全なリストについては、「 HTTPステータスコード」を参照してください。

数値

関連項目

Microsoft Teamsコネクタ

Okta Workflowsの要素について

Microsoft Teams APIの概要